産後下半身太りの原因は?

産後の「下半身が太くなりやすい」「体重が落ちにくい」というような問題には理由があります。

産後のお母様達がこの問題を解決するためにまずやるべき事はなんでしょうか?

原因①骨盤の歪み

産後の体は妊娠から出産時にかけ骨盤が歪むものです。これは赤ちゃんを大きくなったり、出産時に産道を広げるため骨盤が広がるので仕方ない事。出産時に「リラキシン」と呼ばれるホルモンが大量に分泌され、産道を確保するために恥骨結合や仙腸関節などを中心に全身の関節の靭帯がゆるみます。骨盤が歪み不安定になることで骨盤を安定させようと骨盤周りの筋肉から下半身にかけてが必要以上に使われることになります。頑張りすぎてしまっている状態です。結果として自然と骨盤周りに筋肉が勝手についてしまったり脂肪がつきやすい体になります。

原因②ホルモンバランス

骨盤周辺の靭帯が緩む事で、脳がまだ妊娠中と錯覚してしまい「プロゲステロン」と呼ばれるホルモンを分泌します。このホルモンの分泌により水分や脂肪を体内に溜めようとします。結果下半身が太くなったり体型の変化をお越してしまうのです。

原因③産後は脂肪がつきやすい体になっている

産後は母乳を与えるということから、男性よりも女性の方が体に脂肪を蓄積しようと働きが強くなります。さらに骨盤の不安定さやホルモンバランスの乱れにより一層骨盤周りに脂肪がつきやすくなる。

原因④産後の食生活が不規則

産後は育児や家事の多忙により食事のタイミング、時間帯が不規則になります。食べる時間帯が遅くなったり、多忙で食べる時間がなく食事量や頻度が極端に減ります。食事の内容も簡潔になりコンビニ食品やインスタント食品に頼ってしまい太りやすい理由になります。

原因⑤妊娠期から出産による筋力の低下

産後は妊娠〜出産で筋肉が伸び緩んだ事により筋力が低下します。骨盤を支えていた筋肉が筋力低下した事で骨盤が歪み開くのです。骨盤の歪み、開きによって内臓の位置が下がって、下っ腹の原因になります。しかし急な筋力トレーニングは注意が必要です!骨盤が不安定な状態でのトレーニングは歪んだ骨盤を周りの筋肉が固めてしまう原因になります。筋力アップが必要な部位や不必要な部位があったり順序が大切になります。


これらの原因をまとめると産後に体重が戻らなかったり、痩せにくくなったりする最大の原因は歪んで開いてしまった骨盤です。筋力の低下、ホルモンバランスの乱れによって骨盤が開き、開いた骨盤の状態を脳が妊娠中と錯覚し更にホルモンバランスの乱れを促進させます。

 

与野にあるライフ快療院の産後下半身太りへの取り組み

産後の骨盤を整えて下半身太りを解消する。

体重を戻す、下半身太りを解消するためには、日常生活の食生活の改善、日々の中に運動を取り入れるなど方法は沢山ありますが、これらを産後の骨盤が開いた状態で行っても効率がとても悪く、成果につながりにくいです。悪い場合はかえってストレスになり更なる体の不調へとなる恐れもあります。産後は身体的にも精神的にも不安定です。母乳の時期に過度なダイエットをする。骨盤が開いて不安定な状態で無理な運動をする。という行為は体への負担となります。まずは歪んで開いてしまった骨盤を整え、体力の回復、体への負担を取り除きましょう。骨盤を整えた体はダイエット効果の促進。腰痛や肩こりなどの体の不調を改善。運動時の代謝をよくしてくれる。結果として産後の下半身太りを解消してくれます。

産後に下半身が太り始めたと感じたら、産後の骨盤矯正に特化した「ライフ快療院 与野本町店」へぜひご相談くださいませ。

PAGE TOP