足のつけ根が痛い原因

 

退院後に体の回復が完全でない状態での育児、家事。産後の骨盤が整っていない体には大きなダメージへとなります。微々たるものでも蓄積されていけば体への不調へとつながります。退院後に疲労感と骨盤が不安定なままでの生活がスタートし筋肉や関節に負担が蓄積されていきます。生じてくるのは、足のつけ根の痛み実は足のつけ根の痛みの場所は股関節になります!

原因①ホルモンの分泌により靭帯が緩んでしまう

産後は妊娠中〜出産までの期間で骨盤が歪み開きが生まれてきます。出産時に赤ちゃんの通り道を確保するために、「リラキシン」と呼ばれるホルモンを分泌し、骨盤周囲の関節を緩ませます。骨盤の関節が緩んだ事によって骨盤が歪み、開きが生じるという事です。骨盤というものは、上半身と下半身のちょうど中間地点。体の土台と言えるところです。土台が崩れ、不安定な状態での生活は下半身の歪みも作って、足のつけ根(股関節)に多くの負担をかけていきます。

原因②股関節、周囲の筋肉が緊張している

産後の体は妊娠中〜出産までの期間で骨盤、股関節周りの筋肉が伸ばされ筋力が弱くなります。筋力が低下する事で、股関節の安定性が保ちにくくなります。更にホルモン分泌によって靭帯は不安定な状態です。その分、股関節を支える筋肉が過剰に頑張りすぎて筋肉は硬く緊張状態になります。

原因③育児・家事による膝に負担がかかっている

育児により妊娠前以上に股関節の関節に負担をかける事になります。骨盤が不安定であればかかる負担も大きくなってきますね。産後は育児で股関節の曲げ伸ばしを繰り返す動きが多いです。

・オムツ替え

・抱っこ時に赤ちゃんを持ち上げる時

・寝かしつける時の上下左右の揺れ

・掃除、洗濯などの家事

原因④骨盤の歪み、開きが残っている

産後の骨盤の歪み、開きが残っている状態の可能性があります。産後はリラキシンのホルモン分泌や周囲の筋力の低下により骨盤が歪み。開いてしまいます。骨盤と股関節は連結されていて、お互いを支え合っているので骨盤が歪めば股関節周囲にも悪影響を与えてしまうのです。また骨盤の歪みは体重の増加の原因なので、体重が多い分股関節にかかる負担も大きくなります。

骨盤と股関節の痛みの関係性

股関節の痛みは周囲の筋肉が硬くなって関節の動きが悪くなっている。という事がわかりましたね。しかし股関節の周りの筋肉を柔らかくしようとマッサージや薬を使ってみても、効果は一時的。また次の日に動き出せば痛くなってしまう。そんな悪循環は避けたいですね。そういった方の原因は、筋肉が柔らかくなっても「歪み」は取れていないからです。根本的によくするためには産後の骨盤の歪み、開きを整える必要があります。

与野にあるライフ快療院の産後の足のつけ根の痛みへの取り組み

体の土台である骨盤を矯正し整えることで股関節の負担を減らし根本改善を目指します。

 

①筋緊張の緩和

骨盤が正しく整えば、土台が安定するため膝の負担を減らしてくれます。筋緊張の原因となっている筋肉にアプローチしていきます。

②産後の骨盤を矯正

土台である骨盤を整えて肩への負担を減らしていきます。骨盤を矯正し土台を安定させ頭を支える為に頑張りすぎていた膝を楽にしていきます。骨盤矯正で骨盤が安定する事によって、抱っこ、オムツ替え、授乳時などによって負担となっていた動作が痛みもなくスムーズに行えるようになり股関節の痛みも徐々に改善していきます。

③インナーマッスルの強化

産後の体は妊娠から出産期間でインナーマッスルの筋力が低下するものです。インナーマッスルは骨盤の内側から骨盤を支えてくれる大切な筋肉です。この筋力を強化するため自宅で行える簡単なエクササイズをしっかりご指導します。産後の股関節の痛みも内側から骨盤が支えらることで負担を減らすことができます。

もし足の付け根に違和感や痛みを感じたら、産後の骨盤矯正に特化した「ライフ快療院 与野本町店」へぜひご相談くださいませ。

PAGE TOP